中学受験の国語

中学受験で算数、理科、社会など勉強するにしても方向性を見付けることは比較的可能ではありますが、逆に国語は方向性を見付けることが難しい為厄介と言われています。ただ読書が国語の能力を高めるということであれば、なかなか簡単に身に付くことではありません。読書の中で実際には黙読、音読、想像を働かせて読む、速く読む、ゆっくり読むなど方法があります。

国語は最も重要な科目

いろいろな方法が考えられます。国語の中で一番大事なことは、文章の構造つまり段落の組み立て方をしっかり理解するということです。文章にはジャンルがあり、段落の組み立て方に一定の法則があります。 更に中学受験の場合、国語の暗記力ということに重点は置かれているでしょうか。暗記と言えば苦手とい人たちもいるかもしれませんが、逆に言えば、覚えれば覚える程点数アップ出来る分野です。点数を取ることが出来る漢字、熟語というもので、点数を落とすことが中学受験において命取りになるとも言われていますので、注意をしましょう。暗記は誰でも出来ることなので満点を取る程度の意気込みを持って対処しなければなりません。更にここでは中学受験で国語においてアップ出来る方法を追跡して行きます。国語は最も重要な科目です。