判らないがチャンス

国語は中学受験において、配点率が高くなって来ていると言われています。かつもしも国語が出来ない人たちがいれば、国語とは読解能力なので、算数など様々な分野に影響を与えて行くことになりますので、まず国語能力を鍛えるという姿勢は大事なことになります。

しかし国語をどのように勉強をして行けばいいかと言えば難しいと悩んでいる人たちも多いようです。国語が出来る人たちはもともとセンスのある人たちだとあきらめる人たちもいるようです。本を日頃読んでないから国語が出来ないと思っている人もいるようです。結局はどのようにということが判らない為投げやっているケースが多いようです。そして国語を脇へ置き、算数、理科、社会で点数を取ればいいやという姿勢に変換されて行ってしまうことになります。

長文読解の配点は80〜90点ということなので、ここの部分に何とか攻撃を仕掛けて行く必要があります。それがちょっとやそっとの方法でなかなか結果が実らないというのが現状の大きな悩みです。「判らない」この問題をどのように解決して行けばいいのでしょうか。しかし多くの人たちが判らないと言っているのでここに大きなチャンスが存在していることも間違いはありません。