アプローチの転換

読書量が少なくて、センスがそこに存在しなくても、たとえおぼろにしか文章の意味が判らないでも、答えを正解に導く方法はあります。 体系として国語を学び、再現性の高いルールを身に付けて行くということです。それを学び応用出来るように実践訓練を行って行きましょう。国語の中学受験は解答が返ってきた時、解説を読めば、ああそうかと納得出来るケースが非常に多くあります。 正しい解答へと繋がるプロセスのトレーニングが大切なことになります。

内容から読むという方法がありますが、このような方法を選択すれば、かなり文章の理解能力を鍛える必要があります。本は出来るだけたくさん読めという方法になり、もう既に結果が出てしまっているようなものです。だから、構成から読むという別のアプローチの仕方を選択していかなければなりません。それは内容から読むというアプローチの方法のデメリットを補う方法です。

内容から読むという方法も最終的には大事と言えば大事なことですが、国語が苦手というのなら、構成から読むことによって、アプローチのバランスを取るということが大事なポイントです。国語を学ぶということのちょっとした方向転換をする余地がここにあることをまず勉強しましょう。