早熟が勝つ

高校受験とは違い中学受験は、子供さんによって向く向かないが大きく左右するようです。中学受験に適正があるか判断すのもご両親の役目です。ご両親がいくら頑張っても、その子供さんが中学受験ではなく、高校受験で勝負する方が向いているということもあります。 まず国語において、中学受験に対して適正があるか否かを確認してみましょう。国語の読解において大事なことは精神が成熟しているか否かということが言われています。

中学受験にはつまり早熟している人たちが有利と言われています。精神的に幼いということであれば、なかなか国語のテクニックを学んで難しく理解出来ないと言うことになります。国語において、小説文を読解するという時に、登場人物の心情を理解しなければならないというケースが当然あります。 好きな異性にわざと素っ気ない素振りを見せるということが理解出来ていない限り正確な答えへと導くことが出来ない場合も多々あります。つまり、ここに経験上の知恵というものも大きく役立ち、知恵が既に経験上備わっていない場合、わざと素っ気なくするという選択肢が頭の中にインプットされていないことになります。 ここに中学受験はまだ早いという答えも見付けることが出来るのではないでしょうか。