解答の理由

中学受験の国語を無視してしまっている人たちもいるようですが、合格の鍵は国語にあります。そして国語はなかなか成績が上がらないと嘆いている人たちもいますが、国語ほど敢えて言えば楽な科目はないと言いたいのです。次の文章を読みあとの問いに答えなさい。これが国語の試験の定番ならば、国語の場合、既に答えはその紙の上に書かれていることになります。慌てず、ゲームのようにその解答を考えるということではなく見付ければいいということです。何も全然難しく考える必要などないのではないでしょうか。国語とは、ただ文を正しく読み、設問に答えるだけのことなのです。

それでも国語が苦手という人たちは、文章を正しく読むというコツが判らないというでしょう。このコツって、結局国語だけに通じることではなく、このコツが判らないということであれば、理科も、社会も、算数も犠牲にしてしまっていることになります。読む力とは論理の力です。論理とは鍛えて強くなって行くものです。答えがあっていたということが大事なのではなくて、なぜそのような答えになるのか理由が判るということが大事なことになります。ただ読むということでは鍛えるということにはなりません。解答の理由を考えることです。