実力をつける為に

中学受験の国語は、解答の理由を探る能力を鍛えることがポイントです。大量の問題を読み解いて慣れるということにそれ程大きな意味がある訳ではありません。 常に理由を考えて読み解くということに論理の力が養われて行くことになります。 論理の力とは、理解し、整理するという思考と直接的に結びつきます。論理を鍛えることによって、表現力、理解する力も同時に養われて行くことになります。国語の能力とは他の教科と違い、一度このような能力を身に付けることによって、維持され続けるということにメリットがあり、他の教科にも役立てることができる力です。

まずは、中学受験の国語を先攻することによって、他の教科が学力アップすることにも繋がって行くでしょう。まず国語を後回しにするということよりは、国語に直視してぶつかる姿勢が一番合理的方法とも言えます。他の教科なら、解く方法が判らないからということがあるでしょうが、中学受験の国語の場合、実力が至っていない為に解くことができないのです。だから、解答が示されて、ああそうかと思っても、国語の能力を鍛える為になんの役にも立っていないということにもなります。その為にも、本当は日常生活において新聞などを読むことを習慣づけることがベストなのですが。