読解力の身につけ方

中学受験は、1教科が出来ればいいと言うことではなく、全部の教科の平均点です。まず、国語だけが優秀というのでも困りますが、満遍なく出来ると言うのが受かるポイントです。しかし案外多いのは、国語が出来ないと言うことで中学受験にしくじるケースであり、なぜか国語だけ特別扱いにしてしまう、置き去りにしてしまうケースも多いようです。結論をいいますが、国語が苦手という人たちは、その1教科が苦手ということではなく、読解する力がないということで、他の教科もそれ程優れないというケースがあるからです。

まず、満遍なく出来る子供さんになる為に、国語を攻めるということは大事なことだったのです。読解力を学ぶという方法も、算数などとはまた違い、判らないという人たちは、いつまでたっても成長しないままです。いつまでも基本の部分が出来上がっていないので、いくら国語を勉強しても枝葉をつけることができません。

どうやって身につければいいのか、それは長い目で見れば日常生活においてです。人と人のコミュニケーションにおいてそれを学んで行くことになるでしょう。日々の新聞の中にそれが隠されています。ただし、そのような時間がない人たちは、読解力の身につけ方を指導されていかなければなりません。