日常生活と違う

中学受験の国語で大事なのは自分の考えで解決するということではなくて、解答の理由を、本文の中から見付けるというテクニックを磨くことです。しかし、すぐにそのようなテクニックが身につくということではなく、繰り返すことによって、段々と自在に本文を見るだけでそれが行えるようになって来ます。

出来る子供さんは、何の苦労もしないのに、そのような方向性で本文を見ることが出来、自ずといい点数を取ることが出来るようになります。そのような子供さんが読書好き、ずっと多くの本をたくさん読んできたということでもないようです。中学受験の国語とは、日常生活における国語とは分離して分野と捉えて、中学受験の国語に向けた実践テクニックがここで必要になって来ます。読書、読書という意識でいると、なかなか中学受験の国語の場合、成績が上がらないということも起こります。

不思議な感じもしますが、そもそも、中学受験の国語に対して真剣に向きあっていないということが大きな要因のようです。慣れる、経験を積むことが必要ですが、今からでも全然遅くはなく、スタート出来ることなので、国語を置き去りにせず、しっかり対策を練ってみてください。国語のセンスをしっかり技で磨いてください。