やっぱり読書量

お母さんは、子供さんが国語の能力が鍛えられる為に、作文・読書感想文など、ちょっと風変わりな工夫をしてみてください。 小学校の作文・読書感想文は、何か大人に迎合しているだけのようなつまらないものであり、小学校の作文・読書感想文に傾倒していると、段々と読み書きしない子供を増やして行ってしまうことになります。自発的に読書するよう待つのが一番いい方法ですが、なかなかそのような向きあい方をしないというのなら、そこへし向けていかなければなりません。

中学受験の国語に読書は関係ないと言いますが、正確に言えば、中学受験の国語に対して時間がないから読書は関係ないと取り敢えず言いきっているのです。中学受験の国語に対して、読書が無関係というのはあり得ない話しであり、読書量が土となり、そこから植物が育つことになります。

何を読めばいいかということですが、中学受験の国語の場合、少年少女の成長物語がテーマになることが多いのです。特に時間のある環境ならば、そのようなものを軸として更にいろいろ取り決めなく多くの種類を攻め込んでください。ただし、時間がないという場合にだらだらと時間をかけて読書する方法が正しいという訳ではありませんので誤解ないようにしてください。