繋がりを意識する

国語のテストで、しっかり問題を解く為の読み方が出来ているでしょうか。中学受験の国語では特に実践的能力が求められています。物語というものがあります。その中で大事なのは、読みながら頭の中で、場面や登場人物をリアルに映像化することです。ここで特に時間の変化に注意を払う必要があります。読書ということなら感情移入することになりますが、中学受験の国語の場合感情移入することによって、先へ進んで行かないということになりますので、ここで学ぶのはテクニックなのです。

論説というものにも挑戦していかなければならない時もあります。論説の場合、しっかり要点を押さえることが出来るかと言うことがポイントです。説明文にも挑戦をしなければなりません。それは論説と方法は同じですが、ただし論説の場合と違い、一文一文の繋がりに特に配慮する必要があります。どのような場所で結論がいわれているのか、線などつけることで工夫をしてみてください。どの文章にも言えることですが、繋がりを意識することはとても大事なことです。中学受験の国語が出来るか否かは、速読即解が出来るか否かです。やはり、レッスンをして、身に付けることが大きなポイントになるはずです。