今から読書は意味ない

選択問題は消去するものと、遺すものを分ける作業です。消去するものは、品のない表現、断定的の言葉、そもそも問題の答えになっていないようなものは、答えではなく、排除して行くべきものです。次に内容が矛盾しているものなどを排除して行くことになります。今度は何を残していくのかということを取り組んで行きます。傍線付近に書かれたことと近い内容のものは残すべきものです。教育、成長過程に相応しいと思えるものは残しておきましょう。中学受験の国語の場合は、子供さんが成長して行く上でプラスになるようなことが正しい解答であるケースが多いです。聞かれていることに率直に答えているのは残しておいてください。

そして文章を読み大体のテーマを掴み、テーマに近いものは残すべきです。中学受験の国語の場合、このようなことをスピーディーに行うことが出来るようにテクニックを磨いていかなければなりません。しかし理解をすればそれ程時間がかかることではなく、間違った判断は、今から読書量に頼ろうとする意識です。今からすべきことをしっかり理解すれば、まだまだそのようなテクニックを身に付けることは全然不可能なことではありません。国語は日本人だから出来るという舐めた態度は絶対によろしくありません。