ストーリーの膨らみ

文を正確に読み取る為の方法は、しっかりキーワードである主語・述語・修飾語を把握することです。言葉にどのような意味が含まれているのか探っていくことはとても大事なことです。それはどのように繋がっていくのか、繋がりを知ることでもあります。意味と意味の繋がりということを意識して読んで行きましょう。

そしてシーンというものがあり、シーンとシーンによってストーリーは構成されています。誰がいつ、何処で何をしたということをシーンごと整理をしていかなければなりません。時間の流れ方にしっかり注目します。一つ一つのシーンにおいて事件とかが発生しているはずです。

シーンに出来事があり、それを把握し、主人公の気持ちも変化して行きます。それがストーリーにおける原因と結果です。最終的には気持ちを表す言葉に辿り着き、ここには、直接描写と間接描写がありますので、情景を通して気持ちを暗示する間接描写をしっかり捉えることもポイントです。原因、結果の繋がりから、主人公の性格などもやがて見えて来ることになります。そこに共感を示すことが出来ればしめたものです。作者が言いたいことはしっかり人物像を理解することによって見えてくることになるでしょう。