本文は読まない

本文から読む為に時間がないということが起こり焦りに焦ってしまう人たちもいるようですが、難解問題をクリアする人たちは結構読まないという方法を採っているようです。「注」と「出典」を確認することよりスタートするという姑息な手段に出ている人たちもいます。

次に目を通すのは設問です。設問を最初に読むことによって、本文を読む時に何を気をつけるかということが判って来ます。そのような方法を選択することによって、同じ本文を読むということでも、短縮出来る部分とそうでない部分が出来、時間短縮が出来ます。ただスピードあげて読むということになれば、大事な部分を読み落とすことにもなってしまうことになります。中学受験の国語においても、漢字・語句が出来ると言うことは基本です。当たり前に出来ると言うことを決して落としていては中学受験など合格するはずはありません。

漢字一問2点とすれば、10問も出題されれば20点ということになり、絶対にたかが漢字ということは出来ません。ただし、なかなか漢字にスポットをあてて勉強するのを嫌がる子供さんも多いようですが、この時、どうしてその漢字になるのかなど遊びの要素を含めて気分転換の要素を含めてみてはいかがでしょうか。